“日本のイイトコドリ”ライフスタイル誌『nid』の編集部ブログ


by nid_musashi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:別冊『この器で食べたくて。』( 2 )

はじめましての器、そば猪口と小皿展

本日、3月3日に発売となった、ニドの別冊
『この器で食べたくて。』 

c0097182_10412842.jpg

今日は、こちらの本に掲載されている作り手の方々の器に
出会えるイベントのご案内します。

企画展名は、「はじめましての器、そば猪口と小皿展」
本誌(P35~)にも寄稿してくださった祥見知生さんと
「ART+EAT」の共同企画になります。

会場では本も販売されますので、
器に直接触れたり、本誌の記事もご覧いただきながら
楽しんでいただけたらうれしいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011.3.1(火)〜 4.2(土)
11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
※日・月曜、祝日はお休み

【器の作り手】
石田誠 尾形アツシ 浅井純介 小野哲平 小山乃文彦 須藤拓也 須田二郎 寒川義雄 竹花正弘 田谷直子 鶴見宗次 広川絵麻 深田容子 村田森 横山拓也 吉岡萬理 吉田直嗣 矢尾板克則

●はじめましての器、そば猪口と小皿展(外部リンク)
[PR]
by nid_musashi | 2011-03-03 10:47 | 別冊『この器で食べたくて。』

3月3日 ニド初の別冊MOOKが発売されます!

12月20日発売号でもご案内させていただいた、
ニド初の別冊『この器で食べたくて。』のお知らせです。
c0097182_17471624.jpg


この本に登場するのは、これまでに編集部が訪れた、
伝統の技術を駆使しながら作陶を続ける地方の窯元、
そして、使い手の食卓に思いを馳せながら、
日々の食卓を豊かにするための器を生み出す作り手の方たち。
また、それらの器を慈しみ、日々の食を大切に暮らしている
使い手の人たちにも注目しました。

これから、一生おつきあいしたくなるような器に出会いたい方、
まだ、選び方がわからないという方も、必見の1冊です。

ひなまつりの3月3日に全国書店に並びますので、
是非、手にとってご覧ください。



◆目次

フードコーディネーター・長尾智子さんの日々の器
「楽しく、豊かに、民芸の器。」

受け継がれた技術をいつまでも
土地の空気をまとった伝統の器に会いに。
・沖縄県 北窯(読谷山焼)
・沖縄県 陶器工房 壹
・大分県 小袋窯(小鹿田焼)
・長崎県 一真窯(波佐見焼)
・島根県 湯町窯
・三重県 長谷園(伊賀焼)
・栃木県 濱田窯(益子焼)

●「なつかしい、器と時間。」
写真と文 祥見知生

作り手の暮らしには、豊かな食卓がありました。
器を作って、ごはんを食べて。
・島るり子さん
・こばやしゆうさん
・山根窯

●日々を支えるふだん使いの器カタログ
土の飯碗、漆の汁椀、急須、白い平皿、ガラスのコップ

●料理家たちの器選び、器づかい
●作家の器お取り扱い店
●全国の焼きもの情報


定価1,575円(税込)
[PR]
by nid_musashi | 2011-03-01 17:52 | 別冊『この器で食べたくて。』

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ

全体
雑誌『nid』について
発売のお知らせ
編集部日記
ニド商店
お知らせ
イベントのご案内
別冊『この器で食べたくて。』
今日の 食べた!買った!
お詫びと訂正
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
住まいとくらし

画像一覧