“日本のイイトコドリ”ライフスタイル誌『nid』の編集部ブログ


by nid_musashi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:発売のお知らせ( 49 )

nid27号発売のお知らせ

~5月20日発売の27号のご案内です~

c0097182_1248353.jpg


作り手の見える日本の服が好き。
大人のカジュアル


そろそろ、夏物の衣類を本格的に整える季節ですね。
夏に向かうシーズンは使われる素材が限られているので、
比較的カジュアルな装いが増えがちです。
そこで27号のファッション特集では、
大人のためのカジュアル服を取りあげました。
年相応の“きちんと感”や“自分らしさ”は、
やはり意識しないと出せないもの。
素材やデザインにこだわった服、
ベーシックな服にプラスしたい小物など、
作り手の想いがしっかりと伝わって来るような、
選りすぐりのアイテムをご紹介しています。


【CONTENTS】

大人が着たくなる。作り手の顔が見える服
・tamaki niime
・evam eva
・JAMES&CO.
・GRANDMA MAMA DAUGHTER
・LOOP&WEFT

カジュアル着に“きちんと感”をプラス
大人のファッション必需品


いくつあっても欲しくなる
定番にしたい“毎日”バッグ

・工房実例「REN」
・ふだん使いのバッグカタログ

1点集中。小物のおしゃれ

丁寧に選びたい部屋着&下着

こだわりの衣食住 ライフスタイルSHOP案内

大人の乙女心をくすぐる、テーブルを彩る器選び
・工房実例_庄司千晶さん
・器カタログ

ニド商店(誌上通販)
色柄のきれいなアイテムで初夏をとことん楽しむ


ほか、新連載
[PR]
by nid_musashi | 2013-05-20 13:25 | 発売のお知らせ

nid26号発売のお知らせ

~2月20日(水)発売の26号のご案内です~
お詫びと訂正のご案内はこちら

c0097182_19431425.jpg



北東北に行こう。

緻密な手仕事、保存食、お祭りに向けられる情熱……。
北東北に残る個性的な文化の多くは、
厳しい冬とともに歩んできた暮らしの中で
育まれたものがたくさんあります。

便利な家電が増えて、より暮らしやすくなった今でも、
伝統の技や行事、食文化などは大切に引き継がれており、
現在の社会において、とてつもない個性となっているようです。

今回の特集でご紹介しているのは、
そんな北東北で見つけたとっておき情報。

郷土料理のレシピから手仕事の数々、
現地でぜひ訪ねたいお店や、カワイイおみやげ案内まで、
多岐にわたって誌面で紹介してきます。

まだ東北へ足を踏み入れたことのない皆さんにとって、
旅をおともする1冊となりますように!



【CONTENTS】

手仕事も食も豊富です。
北東北の暮らしはあったかい

すべて1点もの! 愛らしい東北の玩具
私だけのこけしを探しに
阿保六知秀さん、阿保金光さん、阿保正文さん
青森「津軽こけし館」、阿部木の実さん、田山和文さん
・北東北 こけしカタログ

青森で見つけた手仕事の食
「大阪屋」、「森田 麹味噌店」
・みんな大好き とっておきの“地元食”
・素朴な愛されおやつ

凛とした、素朴なたたずまい
秋田で出会う、自然素材の良品
・イタヤ細工、木工家具、樺細工 
・秋田手仕事カタログ

クラシカルな北の手織りもの
岩手で育まれるホームスパン
 
・趣きのある空間と喫茶
  光原社可否館、盛岡正食普及会(一茶寮)、可否 六分儀

東北のお母さんに教わった
郷土の汁ものレシピ

北東北・お楽しみ案内
・青森おみやげカタログ
・青森 SHOPINDEX&MAP
・秋田おみやげカタログ
・秋田 SHOPINDEX&MAP
・岩手おみやげカタログ
・岩手 SHOPINDEX&MAP

ニド商店(誌上通販)ほか、連載
[PR]
by nid_musashi | 2013-02-19 10:00 | 発売のお知らせ

次号が2月20日発売になります。

次号の『nid』の発売日は、
予告どおり1月20日発売ではなく、2月20日(水)になります。

書店まで足を運んでくださった方がいらっしゃったら、
申し訳ございません。


次号、鋭意制作中でございますので、
ぜひぜひ来月の発売をチェックしてください。

よろしくお願い申し上げます。


編集部
[PR]
by nid_musashi | 2013-01-21 11:25 | 発売のお知らせ

nid25号の発売のお知らせ

~10月20日(土)発売の25号のご案内です~

わたしがリラックスできる
心地いい服。

c0097182_1993297.jpg

秋、冬を迎えると身につけるアイテムが増えて、
コーディネートの楽しみがぐんと広がりますよね。

今号のニドが提案したいのは、
身につけているだけで“わたしがわたしらしくいられる”ような服。
肌触りのやさしい素材の服を身につけるだけでほっとできたり、
とっておきのブランドの服の日はどこか自信が持てたり……。
お気に入りを着ているだけで、
いつも以上のエネルギーを発揮することってありませんか?
今号では、そんな「心地いい服」探しのお手伝いができればと思っています。
もちろん、どのアイテムもメイド・イン・ジャパン。

くるくる変わる流行に惑わされない、
自分スタイルのおしゃれを楽しんでください!



【CONTENTS】

自分基準が心地いい
おしゃれな人の“セレクト力”
・料理家・ワタナベマキさん
・「36 Sublo」店主・村上 幸さん
・書家・中塚翠涛さん

シャツ・カットソー・肌着・革靴
長く使える基本アイテム

セレクトショップ「annabelle」に教わる
定番服の着まわしアイディア

人気アパレルブランドのひみつを探りに行きました
着る人を幸せにする服。
・「ババグーリ」
・「ミナ ぺルホネン」
・「homspun」

おしゃれな人は肌もきれい
自然派コスメで冬のお手入れ

世界の逸品はここから生まれる
めがねの鯖江を訪ねて

アクセサリー作家のアトリエを訪ねて
金工作家 小原聖子さん

大人のアクセサリー使いを楽しむ
・「Vida=Feliz」マエダサチコさん
・「夏椿」恵藤 文さん
・「drama H.P.FRANCE」神谷温子さん
・「イデー」鈴木美帆さん
・「hoken」古屋和美さん

とっておきのアクセサリー選び

ニド商店(誌上通販)
心地いい服に包まれる暮らし
[PR]
by nid_musashi | 2012-10-18 09:00 | 発売のお知らせ

そろそろ次号の発売日です~。

ご無沙汰しております編集部です。

10月に入っても続く夏日に
「いつまでこの暑さが続くのやら!」と思っていたら、
アッと言う間に肌寒くなってきました。
いよいよ、秋冬の洋服の出番ですね。

次号は、ファッション特集になっています。

気になる“あの方”のワードローブ、
定番品の着まわし術のレッスン、
コーディネートのポイントになる作家もののアクセサリーなど、
ニド的に気になるファッション情報をご紹介しています。

表紙や詳細については、来週あらためてお知らせいたしますので、
来週またブログをチェックしてくださいね!

発売日は10月20日(土)になります!


写真は、ガチャガチャのこけし。
「こんなのがあるなんて」と思わず大人買いです。
c0097182_14521690.jpg
[PR]
by nid_musashi | 2012-10-11 14:53 | 発売のお知らせ

nid24号のお知らせ

★7月20日(金)全国書店で発売です!

ニッポン民藝からのメッセージ
c0097182_1257933.jpg


24号の特集の内容は「民藝」になります。
(※1 前号の次号予告と内容が変更になっております。)

柳宗悦によって起こされた「民藝運動」の精神は
(ざっくりと言えば)“身近にあるものの良さを見直そう”というもの。

今は、ますます機械による大量生産が当たり前となり、
遠い国で作られたものもクリックひとつで手元に届く時代。
私たちにとっても大切なメッセージとして受けとめたいことです。

製品のほとんどが量産だとしても、
「身近にあるいいもの」を意識して周囲を見渡してみると、
時代に翻弄されながらもどうにか技術をつなぎ、
魅力のある暮らしの道具を作り続けている作り手が
日本にはまだたくさんいることが分かります。

24号では、そんな作り手さんをたくさんご紹介しつつ、
日常に取り入れている使い手にも注目しましたので、
ぜひ、お手にとってご覧ください。

:::::::::::::::::::

過去にも13号で「ジャパニーズ・フォーククラフト」と
題した民芸の特集を組んだことがありますが、
13号は発売後の反響がとりわけ大きく、
「民芸、やっぱり来てるんだなぁ…」と実感した編集部。
それから数年経った今思うのは「その勢い衰えてないなぁ」です。

そもそも長く愛されてきた分野ですから、
この数年でどうこうもないですが……(笑)

再注目を経て、家庭を作る世代に浸透していけばいいな、と思います。

:::::::::::::::::::

今回の表紙は、民芸をテーマにした紙版画。
鉄瓶や器の装飾技法など、
実際の質感をよくあらわした雰囲気になりました!

:::::::::::::::::::


◆CONTENTS◆

ニッポン民藝からのメッセージ

エッセイスト・堀井和子さんが選ぶ
心が動く、美しい民芸の形

暮らしに根ざす手仕事の過去、現在、未来
引き継ぐ民藝の心
「日本民藝館」
「濱田窯」
「倉敷ガラス」

デザイン性、機能性あっての暮らしの道具
用の美を探る「作り手」
「釜定」
小嶋亜創さん
「小久慈焼」
「鳥越もみじ交遊舎」
「瀬戸本業窯」
左藤玲朗さん
「小袋窯」
「北窯」

今どき、民芸カタログ

手仕事をめぐる夏の旅
民芸精神を肌で感じる 松本へ


バーナード・リーチが日本に遺したもの


使ってよし! 眺めてよし!
自分らしく、民芸を楽しむ
「ビームス フェニカ」鈴木修司さん
「シマシマヤトーキョー」廣見有紀さん

「yuyujin」孫田友依さん


【その他】

ニド商店(誌上通販)、連載など。

今号の連載「あの人の暮らし方。」では、
文筆家で「Loule」主宰の甲斐みのりさんのアトリエを訪ね、
お気に入りの品々を見せていただきました。

[PR]
by nid_musashi | 2012-07-18 12:58 | 発売のお知らせ

nid23号のお知らせ

4月20日(金)全国書店で発売です!

古きも新しきもすべてありのスローテンポな東京。
下町散歩

今週金曜日の4月20日に、23号が発売!
特集の内容は「下町散歩」です。
全部で76のスポットをご紹介しています。

さて、今回編集スタッフが取材を通して感じたのは、下町の“底力”。
モノ、人、町の雰囲気、名店で引き継がれた粋な文化など、
どんな切り口で見ても魅力がたっぷりな町なのでした。

東京の中心部とは異なる独特の空気は、
遊びに来た人みんなを包み込むおおらかさにあふれています。

散歩にぴったりのこの季節、23号を片手にぜひお出かけください。
取材をしたわたし達がそうであるように、
みなさんもきっと、何度も足を運んでみたくなるはずです!

c0097182_23445781.jpg
今回の表紙は、布のコラージュとイラストで
下町のにぎわいを表現していただきました。
淡いブルーの表紙が目印です!


◆CONTENTS◆

下町散歩マップ

手しごとのぬくもりを探しに

下町の雰囲気が楽しめる カフェ&喫茶店

作り手の顔が見えるとっておきの品を手に入れる

下町文化がわかるスポット案内

東京で受け継がれてきた「粋」な職人印の品を求めて

名物・お持ち帰りリスト

味よし、雰囲気よし、歴史あり。
江戸っ子グルメを名店で味わう

楽しいショップが盛りだくさん!
下町の4つの注目エリアを徹底調査

9月までの下町イベント歳時記

【その他】

ニド商店(誌上通販)、連載など。

今号の連載「あの人の暮らし方。」では、
エッセイストであり、「in-kyo」の店主でもある
中川ちえさんのご自宅を訪ねました。
[PR]
by nid_musashi | 2012-04-18 23:50 | 発売のお知らせ

22号の発売のお知らせ

家しごとを賢く楽しむ、
おさらい便利帖



毎日毎日寒いですが、みなさんいかがお過ごしですか?
発売月が変更となった『nid』の22号がいよいよ明日発売となりました!
22号の表紙は趣向を変えて、型染めのイラストになっております。
ほっこりと可愛らしい台所道具が目印なので、
書店さんでぜひ探してくださいね。
c0097182_16473380.jpg


22号は、家しごとを賢くこなすべくノウハウをたくさん詰め込んだ1冊となりました。
新鮮な野菜の選び方、切り方、定番台所道具の選び方、
使いこなし方、お手入れ法。
そして、さしすせその調味料の使いこなし方、
昔ながらのおそうじ道具の種類と使い方などなど。
初めて知る方はもちろん、すでに知っていたことを
確認できる内容にもなっています。

また、第2特集では「おうち呑み」を提案。
外でおいしい食事とともにいただくお酒もいいけれど、
家でくつろぐ時間は最高です!
素敵な器、お気に入りのお酒、おいしいおつまみと三拍子揃ったら、
おうち呑みのはじまりはじまり!
お酒が得意でない方にも役立つレシピ情報もあるので、
ぜひ参考にしてくださいね。

その他、節分や雛まつりなど、
これからの春に向けて行われる昔ながらの行事と
そのレシピについてもご紹介。
鍋島焼の窯元を訪ねる旅案内、新連載などもありますので
ぜひお手にとってご覧ください。

◆CONTENTS◆
毎日を心地よくしてくれる、わたしの定番

○野菜をよく知るためのコツ50
・野菜を見分ける
・野菜の保存法
・保存容器カタログ
・野菜の切り方、調理法

○効果的に使っていますか?
さしすせその調味料

○専門店で伺いました! 
調料の相棒 台所道具と仲良くなろう

○昔ながらの道具は、やっぱり便利
手早く、手軽に。毎日コツコツ簡単おそうじ
・おそうじ道具あれこれ
・身近な材料で賢く、無駄なくエコな汚れ落とし

ゆっくりおうち呑み時間
・お手軽おつまみ食べ比べ
・女子好みの日本酒セレクト
・藤間夕香さんのおうち呑みメニュー

日本のおいしさ、再発見②
簡単だけど本格派
春を愛でる行事とお料理

鍋島の歴史と伝統を受け継ぐやきものの里
大川内山を訪ねて


【その他】
ニド商店(誌上通販)や 連載ほか
[PR]
by nid_musashi | 2012-01-19 17:00 | 発売のお知らせ

nid21号発売のお知らせ

nid vol.21 CONTENTS
9月20日(火)に発売しました。

◆WEBニド商店のサイトがリニューアルしました!◆
 詳細はコチラ
◆お詫びと訂正がございます◆
 詳細はコチラ

手仕事のぬくもり、天然素材が心地いい
わたしのおしゃれは、
ニッポン印。

c0097182_19245419.jpg


まだまだ東京は暑いですが、
気分的にはすでに秋冬モードですよね。
今号のnidでは、
なんと、初のおしゃれアイテムを取り上げました!
編集部にとって今までになかった企画だったので取材も新鮮。
あれも素敵、これも素敵と買い物会議が開かれる始末でした。
履き心地抜群のふわふわの靴下や
リネンやコットンのシャツ、帆布バッグ、革靴……。
定番だけど、平凡ではない。
デザインはもちろんのこと、素材もクオリティもいいものを
ご紹介していますので、どうぞお手にとってご覧ください。

第2特集は、お米の特集!
料理研究家の牧田敬子さんに教わったごはんアレンジレシピは
それだけを食べてもおいしい!
おかずと一緒でもOK! の味つけなんです。
お米に関するノウハウページもついていますので、
この秋は、お米選びから楽しんでみてはいかがでしょうか?

最後に、第3特集。
秋田内陸鉄道の旅についてご紹介しております。
平和な風景のなかをトコトコと走るローカル線エリアには、
まだまだ知られていない文化が脈々と受け継がれています。
編集部が出会った工芸や食をたっぷりお楽しみください。
*下記にプレゼントのお知らせがあります。

◆CONTENTS◆
毎日を心地よくしてくれる、わたしの定番
・「R&D.M.Co-」しむら祐次さん・とくさん
・「gris souris」飯島里奈さん
・「gallery tray」波多野光さん

みんなのニッポン印、見せてもらいました。
・かぐれ表参道
・スターネット東京
・QUICO
・Ékoca
・黄色い鳥器店
・嬉染居

ちょっと拝見 毎日のおとも、見せてもらいました。

熱烈ファン多数!
注目の人気定番品5
・アトリエペネロープ
・+CAPSULE
・マキマロ
・pota
・津軽こぎん刺し


まだあるニッポン印
おすすめファッションアイテムカタログ

冷え予防とおしゃれを両方楽しむ
今、靴下に夢中です!

塩山奈央さん
繕うおしゃれを楽しもう

大切な衣類のお手入れ


日本のおいしさ、再発見①
しあわせ運ぶ、日々ごはん
料理研究家・牧田敬子さんに教わる
おいしいお米アレンジレシピ10


お米の基礎知識


暮らしの工芸と郷土の味覚を探して
秋田内陸線の旅


ものづくりの町 益子のこれから


【その他】
ニド商店(誌上通販)や 連載ほか


~~~~~~~~~~プレゼントのお知らせ~~~~~~~~~~~~

本誌P.86からの特集「秋田内陸線の旅」で訪れた、
打当温泉「マタギの湯」に、10組20名様を無料でご招待します。
メールからもご応募可能です。たくさんのご応募お待ちしております!
(「マタギの湯」の詳細については、本誌記事やHPをご覧ください)

【プレゼント内容】
打当温泉「マタギの湯」ご招待(1泊2食つき)10組20名様

<予約可能期間>
2011年10月10日(月)~2012年3月31日(土)
※当選者のうち3名以上で宿泊希望の場合、同行者も特別割引価格でご案内いたします。
※飲み物代や現地までの交通費などは含まれません。
※当選者は直接「マタギの湯」にご連絡のうえ、当選番号(当選者に直接お知らせいたします)と希望宿泊日をお伝えください。


【応募方法】
巻末の読者ハガキか官製ハガキ、またはE-mailで、
・お名前
・ご住所
・お電話番号
を明記のうえ、下記宛先までご応募ください。
※当選者には編集部よりお電話でご連絡いたします。
編集部からの連絡をもって、当選発表に代えさせていただきます。

【応募締め切り】
2011年10月9日(日)必着

【宛先】
・ハガキの場合
〒151-0041
東京都世田谷区大原2-17-6 ステーションプラザ代田橋B1
(株)エフジー武蔵 「nid」編集部

・メールの場合
nid@fg-musashi.co.jp

◎ご応募の際は、ハガキの宛名横、またはメール件名に、
「マタギの湯宿泊プレゼント係」とご記入ください。

------
打当温泉「マタギの湯」
○秋田県北秋田市阿仁打当字仙北渡道上ミ67
○TEL/0186-84-2612
○アクセス/秋田内陸線阿仁マタギ駅下車2km(無料送迎バスあり。要予約)、大館能代空港から車で55分
http://mataginosato.com/
[PR]
by nid_musashi | 2011-09-17 00:00 | 発売のお知らせ

nid20号発売のお知らせ

発売は、本日20日(月)になります!
ぜひ、お近くの書店でお求めください。
また、来週には、編集部の取材裏話なども続々アップする予定なので、
引き続きブログをご覧ください!

日本に生まれたからこそ、
大切にしていきたいこと

c0097182_18293830.jpg

「ニッポンのイイトコドリを楽しもう」
こんなテーマでスタートした『nid』が20号目の発売となりました。
節目を迎え、雑誌として気持ち新たにスタートするとともに、
今号の制作にあたって編集スタッフの頭の中に常にあったのは、
3月11日の震災のことでした。
今までの価値観ががらりと変わるような未曾有の災害を経て、
私たちは今、かつてない生活の変化を求められています。
本誌が誌面を通して提案し続けてきたライフスタイルは、
ますます多くの方にとって有益な情報であると信じ、
これからも、企画制作に取り組んでいくつもりです。

その、第一歩となる20号。ぜひお手にとってご覧ください。


まず、巻頭特集の 「わたしの暮らしの選択。」 では、
自分なりの「ものさし」をきちんと持って暮らしている方をたずねました。
本当に必要なものが何かを厳選しながらも、
独自の感性ですてきに暮らす、益子「スターネット」の星さん。
穴あきや染みによって着られなくなった服を、
ユニークな愛らしい刺しゅうでみごとに作りかえる横尾さん。
それから、野菜の始末や時短調理など、
無駄を出さない工夫を徹底しながらおいしい料理を作る中川たまさん。
どの方も、自分なりの「ものさし」をもとに暮らしを営み、
長くそれを実践されてきた方々です。
また、土鍋炊飯の方法や割れてしまった器の補修について、
地震に備える対策についてなど、
より具体的なノウハウについてもご紹介しています。


また、この夏休みの旅行計画にぜひお役立ていただきたい特集が、
「高松の手仕事を訪ねて」。
高松は、小さなエリアに「手仕事」と「おいしいもの」が
ギュッと詰まったすてきな場所。
編集部おすすめの手仕事、観光でぜひ訪ねたい場所の紹介はもちろん、
「くるみの木」オーナー石村由起子さんや『IKUNAS』編集室、
神楽坂の「jokogumo」オーナーの小池梨江さんなど、
香川県に縁のある方がセレクトした高松みやげも披露していますので、
ぜひ、チェックしてみてください。
一部商品については、本誌通信販売「ニド商店」でも
お取り扱いしております!

その他、「伝統こけし」の特集や、「布のおたのしみ」、
「変わりそうめんと大人の梅おやつ」など、企画盛りだくさん。


ここで、ひとつひとつご紹介したいくらいですが、
長くなってしまうので、ひとまずこの辺で……。


◆CONTENTS

nid vol.20


日本に生まれたからこそ、
大切にしていきたいこと

 
●本当の豊かさは、“自分のものさし”を持つことにある
  わたしの暮らしの選択。
●料理研究家 中川たまさんが実践している
  無駄を出さない毎日の工夫

●どんな工夫をしていますか? みんなの選択。
●土鍋炊飯・漆継ぎ・布ぞうり
●昔ながらの知恵に学ぶ
●いざという時に慌てずにすむように 地震に備える便利グッズ


工人さんがひとつひとつ丁寧に作る東北のキュートなアイドル!
伝統こけしの世界

布のおたのしみ
クロマニヨン、西尾正道さん、わたなべ幸子さん

保存の効く材料で作る夏のレシピ
変わりそうめんと大人の梅おやつ

こんまい町には、イイモノいっぱい!
高松の手仕事を訪ねて

基本のマナーを知って、まずは気軽に楽しく
お茶会に行ってみよう

ほか、
ニド商店、連載など。

[PR]
by nid_musashi | 2011-06-16 18:29 | 発売のお知らせ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ

全体
雑誌『nid』について
発売のお知らせ
編集部日記
ニド商店
お知らせ
イベントのご案内
別冊『この器で食べたくて。』
今日の 食べた!買った!
お詫びと訂正
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
住まいとくらし

画像一覧