“日本のイイトコドリ”ライフスタイル誌『nid』の編集部ブログ


by nid_musashi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

nid18号発売のお知らせ

全国書店で発売中!
今号はカレンダー付き。(価格はそのまま!)

18号のお詫びと補足についてはこちら
18号特別読者プレゼントのご案内はこちら

CONTENTS  nid vol.18
料理がおいしくなる、調理道具

c0097182_2249321.jpg
毎日の暮らしを助けてくれる生活道具は、
時代の流れとともに早いサイクルで入れかわっています。
そんな事情のなかでも昔と同じ形で愛され続けているのが、
調理道具ではないでしょうか。
もちろん、近代的な設備のキッチンや便利な家電を
上手に活用している人も多くいますが、
料理人や料理研究家など、食のプロのなかには、
あえて昔ながらの道具を使う人も多いのです。

では、その理由は???

ズバリ、料理がおいしくできるから!

昔ながらの道具には、それぞれ特徴的な長所があるんです。
丁寧なお手入れとコツが必要になりますが、
それは、本誌を見ていただければ大丈夫。
長年愛用して、「その効果、すでに実証済み!」という
頼もしい方々が教えてくれています。
ページをめくりながら、一生のパートナーともなりうる
道具との出会いを見つけてくださいね。

また、「調理道具は欲しいけどスペースがない!」
という人のことも忘れていません。
道具大好き、スパイス大好き、保存食大好きな方たちの
お台所収納事情をじっくり見学させていただきました。
「技アリ!」な収納方法をご紹介していますので、そちらもお楽しみに。


◆contents

シンプルに、心地よく
平井かずみさんのお台所ライフ


土鍋・耐熱皿、鉄鍋、せいろ
よりすぐりの調理道具を使いこなす!
・「岩井窯」山本房江さん
・フードコーディネーター みなくちなほこさん
・「藤倉商店」藤倉史子さん

創業250年の荒物店で見つけた
竹と木の道具

日本の調理道具のここが知りたい!
調理道具Q&A

拝見しました! お台所の収納事情
・イラストレーター、布作家「mitsou」奥村麻利子さん
・フードコーディネーター 江端久美子さん
・「12月」店主 富山ゆかさん
・造形作家 下中菜穂さん


ニド商店(誌上通販)
料理の腕をあげる道具で
年末年始のおもてなし


金網、手ぬぐい、蒔絵、和菓子の伝統技術に編集部が挑戦!
手仕事体験隊
・金網
・手ぬぐい
・蒔絵
・和菓子


京都へ、伝統の布小物を探しに


ほか、 連載多数
[PR]
by nid_musashi | 2010-12-20 16:55 | 発売のお知らせ

『nid』青森モニターツアープレゼントのご案内

c0097182_15404524.jpg東北新幹線全線開業記念!
2011年2月5日(土)~6日(日)
 こぎん刺し体験
 青荷温泉
 津軽こけし館
 ショッピング

[nid]編集部が一緒に考えた!
青森1泊2日スペシャルモニターツアーにご招待!

このたび、東北新幹線開通記念して、青森県観光連盟主催の特別ツアーが開催されることになりました。しかも、15組30名さまを無料でご招待! ツアーコースづくりには編集部も参加し、今までに取材で訪ねた青森の魅力をギュッと詰め込んでもらいました。こぎん刺しの体験や、ランプだけを灯した風情たっぷりの温泉宿での宿泊など、スペシャルメニュー満載のプラン。北国の美しさに思い切り浸り、『nid』誌面でご紹介した民芸品や工芸品に出会う旅に参加されたいという方、どしどしご応募ください! お待ちしております。


●スケジュール

[nid]青森1泊2日スペシャルモニターツアー

5日(土)

9:56発 東京駅 <はやて21号>
※車中にて、各自お昼をお済ませください

13:19着 新青森駅
※以降、すべてバスにて団体移動となります。

青森市内へ移動
 □「道の駅なみおか」にてホットアップルサイダー

弘前市内へ移動
 □「弘前こぎん研究所」にて、こぎん刺し体験。コースターを作ります
 □旧弘前市立図書館、旧東奥義塾外人教師館、
  ミニチュア建造物群などの外観を見学。
  雪景色のなかでライトアップされた美しい洋館をお楽しみください

黒石市へ移動 

青荷温泉「ランプの宿」到着
 □ランプの明かりのみで過ごす、
  北国の静かな夜とお食事をお楽しみください
c0097182_20375848.jpg


6日(日)

8:00 青荷温泉「ランプの宿」出発
 ※ご出発までに、各自、宿の朝食をお済ませください

□「津軽こけし館」見学
c0097182_2041391.jpg

 
□「川崎染工場」にて、藍染め体験。
ハンカチを制作します

10:40 追手門広場(弘前市内)にて解散。
 ※「えびす屋」や「カフェ ゆぱんき」など、
追手門広場から徒歩範囲に本誌でも
ご紹介したお店があります。

16:00 追手門広場集合。バスにて新青森駅へ向かいます

17:33発 新青森駅 <はやて38号>

21:08着 東京駅



【応募要綱】

●旅行期間
平成23年2月5日~2月6日(1泊2日)

●ツアー参加応募期間
平成22年12月20日(月)~平成23年1月18日(火)

●応募方法
本誌読者ハガキか官製はがきに必要事項(ご住所、お名前、ご年齢、ご連絡先)をご記入のうえ、以下の宛て先までご応募ください。ご応募いただきました中から抽選で参加者を決定し、ご当選者さまに1月24日(月)までにご連絡いたします。

≪宛て先≫
〒156-0041
東京都世田谷区大原2-17-6
㈱FG武蔵 ニド編集部 青森モニターツアー応募係


●応募要件
本モニターツアーにご参加される方は、主催側で用意いたします無記名式アンケートの回答を必須条件とさせていただきます。※アンケート結果につきましては、各種調査報告資料及び青森県観光情報サイト(アプティネット)にて掲載することがありますので、あらかじめご了承ください。

●募集人員
ペアで15組30名さま

●参加費用について
次の旅行代金は無料です。
①JR券(東京駅⇔新青森駅)
②こぎん刺し体験料
③宿泊費
④5日の夜、6日の朝のお食事
⑤「津軽こけし館」入館料
⑥藍染め体験料

※ご自宅から東京駅までの往復交通費および、
上記旅行代金以外に発生する費用は自己負担となります。

●主催・お問い合わせ 
(社)青森県観光連盟
〒030-0803
青森県青森市安方1丁目1番40号 青森県観光物産館8階
社団法人 青森県観光連盟モニターツアー係(担当:奥 )
TEL017-722-5080
FAX017-722-5081

c0097182_15353838.jpg

[PR]
by nid_musashi | 2010-12-19 17:11 | お知らせ

≪18号P.25のお詫びと補足について≫

18号のP.25において、「鉄鍋の使いこなし方」に関する実例をご紹介させていただきましたが、一般に販売されている鉄製の商品についてはさまざまな種類があり、表面のコーティングや製法によってご使用方法が異なります。
鋳鉄製品をお買い上げ、ご使用になる際は、メーカー様から推奨された方法をご確認いただき、より長くご愛用いただけますようお願い申し上げます。

読者のみなさま、ご関係者のみなさまには、一部表現不足においてご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。

編集部
[PR]
by nid_musashi | 2010-12-17 16:51 | お詫びと訂正

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ

全体
雑誌『nid』について
発売のお知らせ
編集部日記
ニド商店
お知らせ
イベントのご案内
別冊『この器で食べたくて。』
今日の 食べた!買った!
お詫びと訂正
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
住まいとくらし

画像一覧